株式会社セントラルユニ

セントラルユニは「大切ないのちを守る、環境づくりのお手伝い」をミッションに掲げる、総合…

株式会社セントラルユニ

セントラルユニは「大切ないのちを守る、環境づくりのお手伝い」をミッションに掲げる、総合医療設備メーカーです。 「つかう人を、つくる人に」をコンセプトに、医療環境に関することや私たちの事業、社員について“思い”を込めてお届けします。

マガジン

  • 病院づくりのお役立ち情報

    病院の建て替えやリフォームに関するお役立ち情報をはじめ、病院設備・医療機器に関わる記事をまとめています。

  • 病院づくりの知っトク!

    病院の建て替えやリフォームが決まったとき、どう進めたらいいだろう…と迷ったことはありませんか? 病院建築計画の知ってトクする情報お届けする「病院づくりの知っトク!」記事をまとめています。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないための病院づくりのポイントをお届けしています。

リンク

最近の記事

医療ガス安全管理委員会とは?目的や役割を解説します!

医療ガス安全管理委員会ってご存じですか?医療ガスとはいのちを支えるものです。間違いなく、適切に使える必要があります。 医療ガス設備の安全管理は患者の健康と安全に直結します。 医療ガス安全管理委員会は、医療ガス設備を安全に使用し続けるために存在します。委員会に抜擢される医療従事者の中には機械設備的なことが含まれているので、ひょっとすると、とっつきにくいことがあるかもしれません。 そんな方でも大丈夫!医療ガス安全管理委員会について分かりやすくお伝えします。 そもそも医療ガス安

    • 縁の下の力持ち!治療環境を改善するシーリングサプライユニット

      医療における主役は患者さんと医療従事者ですが、主役を支えるためにたくさんの人や環境が存在します。 今回は数ある名脇役の中でも、手術のような高度な処置が必要な患者さんへの医療を支える「シーリングサプライユニット」を紹介します。 手術室やICUでの高度な治療 手術室やICU(集中治療室)など、重篤な患者さんの治療空間における大きな特徴の一つは、使用する機器の多さです。 麻酔器、電気メス、人工呼吸器、輸液ポンプなど、治療や生命維持のためにたくさんの医療機器が使われます。手術台や

      • 手術室づくりにおいて、つくり手が意識しているポイントとは?手術の流れから解説!

        わたしたちは毎年数百件の手術室の施工に携わっています。手術室環境は医療機器の進化など日進月歩であるとともに、各医療施設によって特長があります。 それゆえ術式によって設備環境にどんな設備や機器といった「モノ」が必要で、どんな運用をするのかといった「コト」を医療従事者のみなさまと共に考えたうえで、手術室環境をつくる必要があると考えています。 今回は「手術室をつくる」際のポイントを手術を行う流れに沿ってご紹介します。 手術のはじまりからおわりまで手術は患者さんが入室してから退室ま

        • 新年のご挨拶と2024年の抱負

          明けましておめでとうございます。 本年もセントラルユニ公式noteをよろしくお願いいたします。 2024年最初のnoteは、今年のキーワードと抱負をお伝えしていきます! 2024年のキーワードは「組織スラックの価値創造」 当社では毎年、仕事始めの日に社長が決めたその年のキーワードを発表します。今年は「組織スラックの価値創造」です。 「組織スラック」とは「組織のゆるみ」のことを指し、「余力をもった経営」というようにポジティブな意味でつかわれる場合と、「過剰な人員や設備投

        医療ガス安全管理委員会とは?目的や役割を解説します!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 病院づくりのお役立ち情報
          株式会社セントラルユニ
        • 病院づくりの知っトク!
          株式会社セントラルユニ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          感染症病室における病院設備の対策について

          寒くなるとインフルエンザなど感染症が流行してきますね。 インフルエンザであれば入院や隔離の必要はほとんどありませんが、感染症の種類によっては感染拡大を防ぐために隔離が必要になってきます。 感染拡大を防ぐための空調や吸引設備の対策についてご紹介します。 感染拡大を防ぐため感染症専用の病室があります 感染症専用の病室では、ウイルスが広がらないよう病室の空調が管理されています。 焼肉屋さんの煙をイメージするとわかりやすいかもしれません。 焼いている真上から常に煙が吸い込まれ

          感染症病室における病院設備の対策について

          医療ドラマで見かけるのは本当?手術に関わる人の役割を紹介!

          手術といわれて、どんなイメージをしますか?もしかしたら、医療ドラマや漫画のワンシーンを想起する人も多いかもしれませんね。 わたしたちが環境づくりを行う手術室では、患者さんを治療するために、さまざまな医療のスペシャリストたちが集います。では、そのスペシャリストたちは、どんなふうに手術に関わっているのでしょうか? 手術の流れはどうなっている?まずは患者さんが手術を受ける場合の流れについてみていきましょう。 手術は病気を治す手段のひとつです。病気によっては投薬や放射線治療などと

          医療ドラマで見かけるのは本当?手術に関わる人の役割を紹介!

          理想の多目的ホールを思い描く。空間コンセプトを共創した話

          病院という施設は、家や会社とは異なり非常に様々な人が利用する場所です。それゆえに、どんな空間が喜ばれるのか、どうしたら選ばれるのかを考えるのは難しいかもしれません。 山口県にある脳神経筋センターよしみず病院(旧 昭和病院)では、移転新築に合わせてつくる多目的ホールをどのようにデザインすればよいか悩んでいました。 理想はあるけど、どうやって形にすればいい? 多目的ホールは、病院で働くスタッフの休憩などのほか、地域の人々にも開かれたイベントスペースにするなど、病院内外で利用す

          理想の多目的ホールを思い描く。空間コンセプトを共創した話

          バズった記事を分析してみました~note開設1周年 番外編2~

          数か月前のことになりますが、noteを運営していて初めて記事が「バズる」経験をしました。自分たちなりに「なんでバズったのか?」という理由を分析してみました。 きっかけ:「#今日の注目記事」に選んでもらった「そうだったのか!病院コンセントの色の違い」という記事を、2023年6月18日の「#今日の注目記事」に選んでいただきました。 そもそも、なぜこの記事が「バズった」と判断しているかというと… 公開後1週間で、当社アカウントの平均PV数の約60倍となるPV数を記録したからです

          バズった記事を分析してみました~note開設1周年 番外編2~

          手術室の要、手術台

          手術を受けるとき、多くの患者さんは歩いて手術室に入ります。 そして、自らベッドに横たわります。 手術室には沢山の医療機器や設備がありますが、今回はその中心にある手術室専用のベッドとも言える、手術台をご紹介します。 ▼医療機器や設備の記事はこちら 手術は横たわって受けるだけではない手術台は手術が行われているあいだ、患者さんを支え続けます。 これがなかなか大変なのです。 なぜかというと、最近の手術室は「コンバーチブル」や「汎用性の高い」といったキーワードで語られるように、一

          【イベント案内】医療デザインで、世界を照らそう。医療の明るい未来を描く“医療デザインサミット2023”開催のお知らせ

          医療環境のつくり手である私たちにとって、デザインの力を信じ医療に活用することは、より良い医療環境をつくるうえで欠かすことができない視点です。 この視点をさらに広げ、医療課題をデザインで解決していく社会を目指し活動する「日本医療デザインセンター」が、医療の未来を明るく描くイベントを開催します。 「医療デザインサミット2023 LiGHT UP! 医療デザインで世界を照らそう」 イベントの趣旨に私たちも共感し、特別協賛しております。ぜひ奮ってご参加ください! 【特設サイト

          【イベント案内】医療デザインで、世界を照らそう。医療の明るい未来を描く“医療デザインサミット2023”開催のお知らせ

          病院にあるシャットオフバルブってなに?

          コレ何だか知っていますか? ナースステーションや廊下、手術室廊下の壁に設置してあるコレ、何だか知っていますか?  病院の各階、各病棟など診療エリアごとに医療ガスの供給を止めることができる区域遮断弁です。製品名称を「シャットオフバルブ」と言います。 エリアごとに医療ガスの供給を遮断できます。 メンテナンス時または、災害などの非常時にガスを区域ごとに遮断するために設置するバルブです。化粧枠にはバルブが制御する区域を表示します。プレートを開け、赤いレバーを手前に引けばその区

          病院にあるシャットオフバルブってなに?

          noteを負担なく続けるポイントを紹介!~note開設1周年 番外編~

          noteを運営するのって、まさに“継続は力なり”。 記事のネタや執筆に頭を悩ませている企業担当者の方も多いのではないでしょうか? そんな法人note運営担当者に向けて、当社なりのnote運営ポイントや工夫をお伝えします。 noteを続けて気づいたこと私たちは2023年9月でnote開設1周年を迎えました。 1年間noteを運営してみて、コンテンツのつくり方や運営のあり方について、気付いたことがあります。 届けるコンテンツは、読者のニーズと私たちの思いの“ちょうどいい落とし

          noteを負担なく続けるポイントを紹介!~note開設1周年 番外編~

          お客様の声から生まれた、課題をW解決する“フロースタビライト”

          セントラルユニが病院づくりをする中で、お客様からご要望やフィードバックをいただくことがあります。 いただいた貴重なご意見から、私たちはさらに良いサービスを提供できるように努めています。 今回はそんなお客様の声から生まれた製品についてご紹介します。 お客様からのご要望 セントラルユニの仕事のひとつは、手術室の治療環境をつくることです。 以前、このような要望をお客様よりいただきました。 「手術台の上に照明がなく、暗いから照度を上げたい。」 「内視鏡手術などで無影灯を使わない

          お客様の声から生まれた、課題をW解決する“フロースタビライト”

          創業より大切にされる理念「人間尊重」とは、空気のようなものだった?そのルーツに迫る!

          2023年9月26日、当社は創業72周年を迎えました。 日頃よりご愛顧いただいているお客様をはじめ、取引先の皆様に感謝申し上げます。 当社は経営理念に「人間尊重・価値創造型企業」を掲げています。 特に「人間尊重」については、人と接する上で社内で重要視されている言葉です。 周年を記念し、「人間尊重」のルーツに迫ります。 1971年から続く社内報にヒントがあった「人間尊重」というキーワードは「創業から変わらない経営理念だ」と社内では伝え聞くものの、明確に「こうだ」と示された書

          創業より大切にされる理念「人間尊重」とは、空気のようなものだった?そのルーツに迫る!

          note開設1周年のふりかえりと今後への意気込み

          セントラルユニ公式noteを開設して、1年が経ちました。 日頃からセントラルユニ公式noteを読んでいただいている皆さん、ありがとうございます! 1周年を記念して、 1年間のふりかえりと、今後目指している姿をお伝えします。いつも読んでいただいている方をはじめ、法人noteを運営している方々にも何か参考になる記事になれば、幸いです。 目的は、より多くの方にセントラルユニを知ってもらうことそもそも、私たちは「セントラルユニをより多くの方に知ってもらいたい」とnoteをはじめま

          note開設1周年のふりかえりと今後への意気込み

          病院の建て替えやリフォームはどう進む?【フェーズ3実施設計】【フェーズ4着工・施工】【フェーズ5開院】までを解説!

          病院づくりの流れと、各フェーズで医療従事者の皆さんに気にしてほしいポイントをお伝えする本連載。これまで基本構想・計画、基本設計と2つのフェーズについてお伝えしてきました。 今回はそれ以降のフェーズをまとめてご紹介します。 ※本記事はヴェクソン医療看護出版の書籍「スタッフを支えるICUの環境とデザイン」に寄稿した内容を一部改変して執筆しております。 フェーズ3 実施設計医療環境を決定づけるフェーズ 実施設計のフェーズでは、部門配置や部門内の部屋割りなど、おおよそ決められ

          病院の建て替えやリフォームはどう進む?【フェーズ3実施設計】【フェーズ4着工・施工】【フェーズ5開院】までを解説!